クロネコさん、今日の2台目、イザ積み込み開始!

午後6時、外は真っ暗

f:id:kannonyama:20070131175856j:image

今夜は女性ドライバーですのでお手伝いしたいんですが、

バーコード読み込みなどで集中されているようでやんわりと拒絶されます。

f:id:kannonyama:20070131181029j:image

”撮影するんだったら、化粧して来たのに”

とこちらを見てくれません。でもヤマトさんのロゴだけは

チャーんとこちらを向けてくれています。

”クロネコさん、お客様までの荷物は託しましたよ!”

f:id:kannonyama:20070131180911j:image

今日のお仕事、終了!

明日も同じ光景が繰り広げられます。 

隣のみっちゃんと母親と女房の3人の戦場です。

約5haの農家にしては超小型選果場でしょ。

選果機がないのがその大きな原因です。

お客様のお立場に立った選果やパッキングに慣れた女性達の城。

彼女達のスキルは当園の家宝です。

このスペースだけは園主でも聖域です。