いつも観音山フルーツガーデンをご愛顧頂き、まことにありがとうございます。
新年も早いもので17日目となりました。
365日を17で割りますと約21になりますので、あと今年も17日の21倍分残っています。

地元では大企業の「東洋精米機製作所」の雑賀社長は、「人生に必要なのは、エネルギーと時間である!」とこの間の講演会でおっしゃっておりました。
確かに時間だけは万人に共通の持ちモノですので、肝に銘じて時間を大切に励んでいきたいと思っています。

今日もお伝えしたいことが3つございまして、ご連絡を差し上げました。

--------------------------------------------

○まず一つ目は、いよいよ登場!柑橘類の王様、「観音山デコポン(紀州の天狗)」の収穫を開始しましたので、そのお知らせです。

今年も本当に頑張りました!
このデコポンは、やはりなかなか栽培が難しく、夏や秋に水やりを欠かしてはいけない柑橘なんです。
深谷市で40℃を超えたその日も、安部さんが突然辞めたその頃も、デコポンに水をあげていました。
だから、デコポン達も期待に応えてくれました!
私達の舌だけでなく、集荷に来てくれたクロネコヤマトのドライバーさんにも食べてもらい、「めちゃ美味しい!」との評価を頂きました。
どうぞ私達の四季を通じた仕事の結晶を、ご堪能下さいませ。

--------------------------------------------

○2つ目は、デコポンの姉妹「観音山はるみ(健やかに)」の収穫を開始しましたので、そのお知らせです。

デコポンと同様「きよみ×ポンカン」で出来たこの「はるみ」。
デコポンより皮が剥きやすく、中の皮も薄めです。
農家はデコポンよりはるみを好んで食べますが、知名度が無いため販売ではデコポンに押され気味です。
しかし、剥きやすさと味ははるみの方が勝っているのでは!と思うくらい美味しいです。
「はれひめ」をお食べになった方は、皮や実がそのイメージに近いと思って頂いて結構です。
自信を持ってお届けいたしますので、ぜひ初めての方もお試しくださいませ。

なお、年末から販売を始めた「はれひめ」ですが、A級品はほぼ完売してしまいました。
これも皆様のお陰だと感謝しております!(^^)!

--------------------------------------------

○3つ目は、新聞掲載のお知らせです。
この度、「観音山フルーツガーデン」の園主児玉典男の地域での活動が「朝日新聞」の全国版でご紹介いただけることになりました。
掲載予定日は、1月22日と23日の朝刊の小さな連載記事です。
地道な活動ですが、疲弊しつつある地元の農業を少しでも健全なものに致したく数年前から独自で取り組んでいます。
東京で1度、和歌山で2日間取材を受け、その後、何度か電話による取材も受けました。
アンチ朝日新聞の方も、そうでない方もお時間が許せばご覧ください。
なお、大事件や政変など場合によっては掲載されない可能性もありますのでご了承下さい。
福田政権、もうちょっと頑張って!

--------------------------------------------

今回もお読みいただき、ありがとうございました!

今年も無事にデコポンの収穫メールをお届けできて、本当にうれしいです。
毎年台風が怖いですが、無事で何より。
八百万の神様に感謝でございます。

次回は「せとか」、「はるか」の収穫状況をお知らせできると思います。

それではこれからデコポンの収穫に行ってまいります!

これからも、紀州紀ノ川観音山フルーツガーデンをご愛顧頂けますよう、どうぞよろしくお願いします。

~~♪~~~♪~~~♪~~~♪~~~♪~~~♪~~
「世界で勝負できるフルーツ造り!」

紀州紀ノ川 観音山フルーツガーデン
農業人:児玉典男・美恵子・芳典

〒649-6523
和歌山県紀の川市(旧那賀郡粉河町)下丹生谷557
電 話:0736-73-4095
F A X:0736-73-3210
U R L:  http://www.kannonyama.com
E-Mail: kodama@kannonyama.com

~~♪~~~♪~~~♪~~~♪~~~♪~~~♪~~

メールソフト等のSPAM設定により 送信者名の「観音山フルーツガーデン」が正常に表示されていない場合があります。
こちらからは、いつも送信者名を表記してお送りしておりますが、送信者名が表示されないという事象は、受信者側である顧客様それぞれのパソコン内での設定により状態が変わるものでございます。
大変恐縮ですが、弊社にて対処が出来る事ではございませんので、ご了承頂けますと幸いでございます。