まずは、土壌改良のため「苦土石灰」の土壌散布です。

f:id:kannonyama:20080131110132j:image

植物の三大栄養素と言えば、「N 窒素」「P リン酸」「K カリ」ですが、その他微量要素の中でも

「苦土(マグネシューム)」「石灰(カルシューム)」は木や果実の健康を保つ上で大切な要素です。

また、日本の土壌は雨が多いために、雨の中に含まれる炭酸ガスにより土壌が酸性化して

土壌中の栄養分が植物に吸収されにくくなりますので、PH調整も兼ね。

f:id:kannonyama:20080131115232j:image

我家では毎年、商品名「フミカルン」と言う資材を園地に散布します。

風の日は飛散しやすいので、できるだけ無風の日を狙っての作業です。

画像では分かりにくいのですが、未だ散布していない園地(下半分)は

現場で見ると一目瞭然です。薄く雪が積もったようです。

f:id:kannonyama:20080131112244j:image

この資材、品質がよく、一雨降るとすぐに土壌に吸収され効果を発揮するようです。

3月末には、三大栄養素を含む、有機配合肥料を施肥します。