肥料のニオイにクラッとした K です (´□`。)

昨日同様、父母の恵も深き観音山に足を踏み入れ、収穫作業のひと時。

3-1016-1

どうですぅ?何ともみかんが青空に映えますよね♪
こんな青空の下、収穫作業が続いてます (´∀`)ノ みかん

今日は何ヵ所か場所を移動しながら、
「 肥のあけぼの 」 「 日南早生 」 「 由良早生 」 といった品種を
収穫していきました。
といっても、K にはまだまだどれがどれやら分別が出来ませんが (苦笑)
ただ微妙な味の違いぐらいなら何とか。。。

そんな中、収穫作業に関して、6 代目である息子さんから耳寄りな情報が!
何でも 「 かたてばち 」 なる収穫の仕方があって、
その方法なら素早く、
そしてヘタの部分も綺麗に切り取ることが出来るとのこと。
作業効率を上げるためには是非とも習得しておきたい技なわけですが、
まだまだハサミが使い慣れてなくて、
習得までには相当時間がかかりそうな予感 (´□`。) アゥ
まぁ、しばらく 「 みかん 」 の収穫が続きそうなので慣れでしょうかね♪
そんなわけで午後。。。

同じように収穫作業の続きかと思ったら、
行く前の準備段階で何やら雰囲気が違う。。。
軽トラックの荷台に肥料をドッサリ積み込んで、観音山に向かいます。
息子さん曰く …

これからする作業は肥料やりの作業なんですが、
この時期に施肥することを 「 お礼肥え 」 って言うんですね。
花を咲かせ、実をつけた樹々に …
今年もたくさん実をつけてありがとうなぁ ヽ(´∀`)ノ
来年もよろしく頼むでよぉ!
なんて、樹々への 「 お礼 」 のための肥料なんですぅ。

とのこと。

3-1016-2

昔の人たちは上手いこと言ったもんですよね … 「 お礼肥え 」 なんて♪
この観音山で作られているフルーツは、
一本一本のフルーツの樹々と観音山の大地が作ったものであって、
作業する私たちはそのお手伝いをしているにすぎません。
美味しいフルーツをありがとう♪なんて気持ちのあらわれ何でしょうね♪

というわけで …
ありがとう (´∀`) の気持ちを込めて、肥料やりの作業をしていたわけです。
ところがね、この肥料は樹の根元に撒くことになってまして、
枝などが覆いかぶさっていたら、
腰を屈めてもぐり込まないといけないわけです。
そんな狭い空間でニオイのある肥料を撒いたらどうなると思いますぅ?

その肥料のニオイでクラクラなわけです (´д`lll) アゥ

元々、K は鼻が敏感な方でして、香水のニオイでもクラクラしたりします。
一度、エレベーターの中で周りが女性ばかりに囲まれ、
各種、香水の花園に包まれ、
倒れかけたことがあります ァ ‘`,、’`,、’`,、(´∞`;) ‘`,、’`,、’`,、

このままでは …
何ともありがとう (´∀`) の気持ちを込めるのを忘れそうになるほどですよ。
鼻栓をして作業した方がいいのでしょうか?
それともしばらくしたら、この作業にも慣れてくるのでしょうか?
常にニオイと闘いながら作業した K なのでした。。。

ニオイはきついけど、これからも感謝の気持ちは忘れずにね♪

【 今日のとっておき 】

3-1016-3

観音山フルーツガーデンさんの看板猫 ・ 珠子。

K が来た初日から食事の時には周りをウロウロ (=^. .^=) ミャー

時には膝の上に座って、まったり (=^. .^=) ミャー

あれ?今日は静かだなぁ ヘ(。□°)ヘ

なんて思っていると、たいがい猫番をサボって寝ています Oo。。( ̄¬ ̄*)