3-1018-1

これまでは 6 代目である息子さんが一本一本味見をして、
「 これは収穫どき!」 というお墨付きをしたものに関して、
目印としてガムテープなどを貼っていましたが、
遠くからだと判別しにくいのと、
作業をしているうちにどこかどこだか分からなくなってしまったりと
うっかり八兵衛ちっくだった K です ァ ‘`,、’`,、’`,、(´∞`;) ‘`,、’`,、’`,、

ところが今日からは新兵器 m9(・∀・)ビシッ!!
新兵器といっても何のことはない … ただ紙を貼りつけたというだけ。
でもね、でもね、これが効果絶大なわけです!!

時折吹く風にヒラヒラとこの紙がなびき、
遠くから見ても一目瞭然なわけです。
おかげで見落としもほとんどなくなりましたし、万々歳 ヽ(´∀`)ノ
これからは効率よく収穫作業が出来そうですよ!

3-1018-2

今日、収穫したのは
「 肥のあけぼの 」 「 日南早生 」 「 谷本早生 」 という品種。

今日で 「 みかん 」 の収穫作業は三日目ということもあって、
段々と慣れてきたのか …
ヘタの部分を綺麗に切り取れるようになり、
両手を添えて落とさないように、二、三個ずつ収穫しては
採りカゴに入れることがスムーズに出来るようにもなりました。
コンテナ一杯分が出来上がるのにさほど時間もかかりません!
これも日々精進の賜物でしょうかねぇ (´∀`)

まだまだ 「 かたてばち 」 は出来ませんが、
もう少しすれば 「 かたてばち 」 が出来るようになるかもなぁ。。。
なんて淡い期待を抱かずにはいられません♪

そんなわけで、午前中の半日だけで、な、なんと!
約 15 杯分のコンテナいっぱいのみかんを収穫することが出来ました。
最初の頃は、コンテナをいっぱいにするのも一苦労だったのに、
成長したもんだなぁ、自分 Oo。。( ̄¬ ̄*)
なんて思わずにはいられません (苦笑)
このままの勢いで頑張れば、
半日で 20 杯、30 杯 ( これは言い過ぎか!?) も夢ではないのでは!?

丁寧さも大事であるけれど、
より美味しいみかんをお客さまに迅速にお届け出来るように
これからも頑張ります m9(・∀・)ビシッ!!

午後からは 一昨日に引き続き 、「 お礼肥え 」 の作業となりました。

3-1018-3

一昨日とは違って、
平地の園地であるため作業はしやすそうです!
まぁ、肥料のニオイとは放れることは出来ませんが (ノД`) アゥ

そうして作業していると、6 代目である息子さんが …

K さん!この植物知っていますか?
これはヘアリーベッチといって、繁殖力が強く、土壌を覆いつくして、
他の雑草の生長を抑制する効果があるんです。
こういう効果のことをアレロパシーって言うんですよ。

3-1018-4
■ 分かりにくいですが、これが 「 ヘアリーベッチ 」

まぁ、K が知っている言葉で言えば、
「 グラウンド ・ カバープランツ 」 みたいもんでしょうか。。。

調べてみると …

ある植物が他の植物の生長を抑える物質 ( アレロケミカル ) を放出したり、
動物や微生物を防いだり、あるいは引き寄せたりする効果のようです。
日本語訳では 「 他感作用 」 って、言うみたいですね。
身近な植物で言えば、サクラ ・ ヨモギ ・ ヒガンバナにも、
このアレロパシーの効果があるようです。
そんなわけで、特定の植物により雑草や害虫を防除する
生物農薬としての利用が注目されている!ということでした。

ある時期が来たら自然と枯れてしまうヘアリーベッチ。
変な農薬を使うよりも、
この植物が繁茂するだけで他の雑草の進出?を抑えられるわけですから、
利用しない手はありませんよね (´∀`)

何でもドイツの植物学者によって、1937 年に提唱されたとか。。。
様々な技術進歩や研究体制が整ってきたからこそ、
このようなアレロパシーという効果が認識されてきたのかもしれませんね。

雑草の抑制に一役買ってくれ、
少しでも農家さんの労力を減らしてくれれば言うことはありません。
先人の知恵や研究の成果に感謝しつつ、
肥料のニオイと闘い続けた K なのでした ・°・(´д`lll)

【 今日のとっておき 】

3-1017-5

「 お礼肥え 」 の作業をしていると、
近くに咲いていたセイタカアワダチソウにミツバチが群がっていました。
一心不乱に蜜を集めていましたよ♪

でね、でね、調べてみると、
このセイタカアワダチソウもアレロパシーの効果があるようです。
根から周囲の植物の生長を抑制する化学物質を出し、
セイタカアワダチソウ自身の生長も抑制しているんだって。
それなのに、道端に咲くセイタカアワダチソウがあんなに高いのはなぜ??

北アメリカ原産で、日本では帰化植物 ( 外来種 ) であり、
養蜂家が蜜源植物として利用するために移入されたのが始まり!
今回、まさにその光景を見れたことになりますね♪