何故か手のふるえが止まらない K です (ノД`) ブルブル

午前中は、ここ最近定番になりつつある作業場での作業。
箱詰め作業やら 「 ピーチク ・ パーチク 」 による選別作業です。
自分ではなかなか分かりませんが、
最初の頃に比べると多少、
スピーディーにこなせるようになったでしょうか (´□`。)

そんな感じで、午前中のうちは、
作業場での作業になる気配がただよっていましたが、
たくさんの園地の様子を見に行っていたお父さんが帰って来て …

K さんには草刈り作業をしてもらいたい園地があるんやけど、
これまでに草刈り作業したことありますぅ?

とのこと。

草刈り作業 キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
そりゃぁ、もう、これまでに数多くの農家さんにお世話になってきましたから、
その行く先々で何度も草刈り作業をしてきたことのある K ですよ。

というわけで早速、その園地へと向かうことになりました。
ただ一つだけ不安が (´д`lll) アゥアゥ

これまでブレードタイプ ( 鋭い刃がグルグル回る! ) のものや
ナイロンカッタータイプ ( ナイロンコードがグルグル回る! ) の
両方を使ったことがありますが、
そのどちらでもないものは使ったことがありませんし、
さらに、使ったことのあるブレードタイプのものは、
これまでに様々な負傷事故を聞いたことがあるので
恐ろしくて出来れば使用を極力控えたい一品 m9(・∀・)ビシッ!!
そのどちらのタイプであるのかを確認すると、
ナイロンカッタータイプということでホッとひと安心 (*^0^) =3

3-1025-1

■ いつもは撮られる側なので、逆に撮ってみました (笑)
ちなみに、6 代目の息子さんです!

どうですぅ?あまり背丈はない柿の樹ですが、
下草に覆われてしまって、なかなか思うように収穫作業が出来ません。
そして、この園地がこれから収穫作業を迎える
「 甘秋柿 」 の園地ともなれば、早急に作業をしなければいけません。
早速、お父さんにお願いされた場所から草刈り作業開始です!!

3-1025-2

まずは … 一本一本の柿の樹までのびる段々の道から!
初めは完全に下草に覆われ、どこがどこやらさっぱり分かりません。
これはだいぶ草刈りをして、道らしくなってきたところですが、
これなら 運搬機 『 力丸 』 でも通ることが出来るでしょうか。。。

3-1025-3

さらにさらに!
柿の樹の根元にあまり接近し過ぎて草刈りしてしまうと、
柿の幹や根っこを痛めてしまいます。
慎重に慎重に柿の樹の周囲を草刈りしていると、
突然の暴動 (笑) に驚いた虫たちがたくさん飛び出してきました とかげカエル

少しばかり君たちの生活環境を変えてしまうけれど
勘弁してくんろぉ (´д`lll) アゥアゥ
少しだけ草を残しておきますよ!

てな具合に、草刈り作業を続けました。
途中何度かトラブルに見舞われましたが、
単なる燃料切れだったり、ナイロンカッターの部分に紐が絡まっていたり。
草のニオイをかぎながら悪戦苦闘すること、数時間。。。
ようやくようやく!
お父さんにお願いされた箇所の草刈り作業が終了しました!

3-1025-4

「 甘秋柿 」 の園地が見渡せる場所から眺め、自画自賛 (^~^)
何て綺麗な園地なんでしょう ァ ‘`,、’`,、’`,、(´∞`;) ‘`,、’`,、’`,、
これで収穫作業が始まれば、スムーズに収穫することが出来そうですよ♪
ま、まさか収穫作業の時までに草ボォーボォーにならんだろうなぁ。。。

たった数時間でも草刈り作業に取り組んだわけですが、
その草刈り人の証なんでしょうか。。。
いつまでも手のふるえが止まらない K なのでした (´□`。)
酒飲みでもないのに、アル中だと思われそうだなぁ (苦笑)

【 今日のとっておき 】

3-1025-5

たくさんのフルーツが実っている観音山を右側に見ながら、
和歌山市方面へと通じる広域農道です。
全国的にもこれだけアップダウンの激しい道は珍しいとのこと。

このアップダウンの激しさを体感したいのでしょうか。。。
時折、バイクのライダーが行きかっております。
そんな方たちと同じように、
このアップダウンの激しい道を自転車で体感してみました 自転車
自転車てぃりんてぃりん♪
行きは良い良い!帰りは怖い (´д`lll) とは、まさにこのこと!
坂道の上りが何とも大変でした (ノД`)