「 何でそこまで生き物にこだわるのか!?」 と、
女子大生 Y さんに思われているであろう K です ァ ‘`,、’`(´∞`;) ‘`,、’`

生き物たちの楽園第三回目です ァ ‘`,、’`,、’`,、(´∞`;) ‘`,、’`,、’`,、
第二回目 から一週間ほど経ちました。
観音山フルーツガーデンさんで出会った新たな生き物たちをご紹介 (´∀`)ノ
3-1117-0
■ 泣いているわけではありません!ツチイナゴ

みかんの収穫作業をしていると、
よく葉っぱの上にちょこんと待機している?バッタに出くわすことが多い!
ただ単に 「 バッタ!バッタ!!」 と言っていたけれど、
「 ツチイナゴ 」 というちゃんとした名前があることを知りました!

特徴は目 ( 複眼というらしい ) の下にある黒い線と
胸部の側面にある黒い縦じま模様!
目の下の黒い線は見ようによっては涙目に見えなくもないけれど、
何か哀しいことでもあったのでしょうか ・°・(ノД`)・°・

何でも …
日本に分布するバッタ類の多くが卵で越冬するのに対して、
このツチイナゴは、
冬になると成虫の姿のまま枯れ草の下などで越冬するらしいですよ!
これからの時期には足元注意ですな m9(・∀・)ビシッ!!

3-1107-2
■卵を抱え、足取り重く … カマキリ

これまた、みかんの収穫作業をしていると、
よく足元などでウロウロしていることが多い!
日本最大のオオカマキリ …
そして、よく似たチョウセンカマキリやウスバカマキリという種類も
いるらしいが、
この写真だけでは判別不能 (´д`lll) アゥアゥ
前後左右から、
カマキリに威嚇されながらも写真を撮っておくべきだったか カメラパチリ

お腹が大きいところを見ると、産卵をひかえたメス!
3-1107-3

これは別の日に撮影したものですが、
卵と同時に分泌される粘液で作られる卵鞘 ( らんしょう ) と呼ばれ、
この中に数百個前後の卵が含まれている!ということらしいですよ。

セミの羽化は見たことがあっても、
カマキリの孵化はまだまだ見たことがない K ですよ。
どのタイミングで孵化するんでしょうね、チビカマキリたち。。。

3-1107-4
■ 白いテントウムシ!?シロトホシテントウ

ある日、収穫作業をしていて、

K さん!ちょっとこっちに来てもらえますか!?

と、6 代目の息子さんの声。
早速、声のする方へ駆け寄ってみると、
手には見たことのないテントウムシ てんとうむし

テントウムシといえば、赤に黒い斑点というイメージがありますが、
その概念を全く覆した色 … 茶色?黄色?に白い斑点!!
突然変異でこんなことになったのだろうと思っていたけれど、
帰って来て、色々調べてみると …
「 シロトホシテントウ 」 というちゃんとした種類の
テントウムシであることが分かりました!!

何でも … 植物などにつくウドンコ病菌などの菌類を食べる
何とも有り難い虫 … つまり益虫であることが分かりました!
コチラをみていただければ、よ ~ く分かりますよ♪→ コチラ

テントウムシの世界も奥が深いもんです (´□`。) アゥアゥ

3-1107-5
■ 百枚の舌の持ち主 … 百舌 ( モズ )

作業場で作業していると、必ずといっていいほどやってくるモズ。

様々な鳥の鳴き声を真似る名人であり、
舌が百枚あると考えられたことが名前の由来!なんて話もあるようで。
そんな鳴き声に耳を傾けてみるも、
なかなかにその判別をするのは難しい (´□`。) アゥアゥ
もう少し鳥たちの鳴き声に耳を傾け、
その違いを理解出来るようにならなくてはダメなようです。。。

昆虫類やトカゲ、カエルなどを食べることは知っているが、
その捕らえた獲物を樹の枝などに突き刺したり、
樹の枝股などに挟む早贄 ( はやにえ ) という習性の現場を
まだ見たことがない!
ここで色々なところに目配り気配りしていたら、
いつの日か見れるだろうか (´□`。) アゥ

これからもこの観音山の大地を棲みかにしている生き物たちに
もっともっと出会いたいもんですよ ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ とかげカエルカメ
今度はどんな生き物たちに出会えるかな?

【 今日のとっておき 】

3-1107-6
みかんの撰別作業をしていて … 何かくっついているなぁ (´□`。)
と思い、よくよく見てみると、冬ごもりのミノムシさん

さすがにこのままではお客様にお届け出来ないので、
ミノムシさんには別のところにお引っ越ししていただいて、
多少キズついたみかんは K が食べちゃいました ァ ‘`,、’`,、(´∞`;) ‘`,、’`,、

ミノムシさんにも冬ごもりの場所を選んで欲しいものです。。。