未だに唇がピリピリする K です (´□`。) アゥ
3-1128-1
午前中はお休みをいただきました お茶
午後からは …
おそらく 4 週間ぶりとなる国産レモンの収穫作業となりました♪

といっても、
これまで国産レモンの収穫作業を全くしていなかったというわけではなく、
日々 K たちがみかんの収穫作業に明け暮れている間に
お父さんがコツコツと収穫作業をしていたようなので、
毎日、作業場には国産レモンの香りが漂っていたんですよ (^~^)
3-1128-2
そんなわけで …
近くを流れる紀ノ川の水と観音山の豊かな大地が育んだ国産レモンの
生命力みなぎる香りを楽しみながら、
久しぶりの収穫作業を満喫していたのですが (´∀`)ノ 国産レモン
K には前々からどうしても一度試してみたいことがありました。
まずはこちらをどうぞ (´∀`)ノ

わたしの手からとつた一つのレモンを

あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ

トパアズいろの香気が立つ

その数滴の天のものなるレモンの汁は

ぱつとあなたの意識を正常にした

あなたの青く澄んだ眼がかすかに笑ふ

わたしの手を握るあなたの力の健康さよ

高村光太郎 『 智恵子抄 』 – レモン哀歌 –

「 あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ 」
まさにレモンの丸かじり ( ^0^)_国産レモン といったところでしょうか。。。
普段、みかんの収穫作業の時には
一本一本の樹のみかんの味見をしながら収穫しているわけですが、
国産レモンとなるとなかなか味見をすることがありません。
となれば、もぎたてを食べてみたくなるのが人といふもの。。。
そんなわけで!
この詩のように、がりりとおもいっきり噛んでみました!
3-1128-3
・°・(ノД`)・°・ギャアァァー 恐ろしく酸っぱい!

なんてことでしょう!
こんなに酸っぱいとは思いませんでした!!
違う意味で … ぱつと K の意識が正常になりました (´□`。) アゥ

何でも …
普段、レモンというと、黄色いものを思い浮かべますが、
このグリーンレモンはレモンの一生でいうと、少年、青年時代!
これから日々寒くなるにつれて、
イエローレモンとなり、壮年時代をむかえます。
言わば、このイエローレモンが完熟の状態だとか。。。

そのために今の時期のグリーンレモンは、
多少、皮が厚く、果汁分が少ないために
酸っぱさも凝縮されているといったところでしょうか。。。

でも、でも、もしかしたら …
果汁分だけを搾りだすように飲んでみたらどうだろう??
ってなわけで、両手でおもいっきり搾るように握ってみました!
3-1128-4
(-_\)(/_-)三( ゚Д゚) あれ?
さっき感じたほどの酸っぱさはないんとちゃうか!

どうやら国産レモンの皮が曲者だったようですよ、えぇ。
確かに酸っぱいけれど、
元気がみなぎる柔らかな?いゃ!優しい酸っぱさです♪

考えてみれば …
この酸っぱさの原因はレモンの中に含まれるクエン酸という成分!
このクエン酸は、
人間のエネルギー消費にはなくてはならない酸のひとつで
疲労の原因となる乳酸ができるのを防ぐ働きがあるそうですよ!!

となれば … 日々の作業で疲れたカラダを癒すにはもってこい!
な食材なわけなんですね。
まぁ、さすがに今回のように、
もぎたてをギュッと搾るように握るのは大変ですけど ァ ‘`,、’`(´∞`;) ‘`,、’`

と、とにかく!
天のものなるレモンの汁が力をみなぎらせたことは間違いありません!
酸っぱい思いはしたけれど、レモンの香りにつつまれながら
作業に取り組むことが出来た K なのでした ヽ(´∀`)ノ

【 今日のとっておき 】

3-1128-5
空を舞う枯れ葉や落ち葉ではありません!

国産レモンの収穫作業をしている上空では
数十、いゃ!数百羽のカラスが、
空を覆い尽くさんばかりに旋回していました。何とも気味が悪い。。。

何か不吉なことが起こる前ぶれでしょうか (´д`lll) アゥアゥ