太秋柿の接ぎ木をしております。

 最近の仕事はもっぱら柿の「接ぎ木」です。  ご好評を頂いております「太秋柿」を増やすため、「早秋柿」の樹を切り、その樹に太秋柿を接いでおります。  以下のように接ぎます。  小さな短い枝が太秋の穂木、太い枝が早秋の枝です。   これをテープで乾燥しないように、巻いていきます↓  こちらはうまく接ぐことができた2年目の様子です。  下の太い枝が早秋の枝、側面から上に出ているのが太秋の枝です↓  このようにうまく繋がってくれるといいのですが。  こんな感じで接ぐ場所を切っていきます↓  今の時期樹液が活発に動いておりますので、切って少し時間が経つと切った表面に樹液が染み出してきます↓  触ってみるとネバネバします。  臭いもしませんし、舐めても味はありません。  大人気「せとか」の芽も出てきています↓  君達の活躍あっての私達です。ありがとう。  「桃」は花びらを落とし、中から小さな赤ちゃんの実が顔を出しております↓ [...]