ライム

/ライム
­

耕作放棄地を開墾します!

 5月から現場の仕事を一緒にしてもらっていますIさんです。  和歌山市から毎日仕事に来てもらっています。  農業経験が豊富で、茨城県の公務員試験にも合格実績のある優秀な方です↓  真面目に働いてくれまして、大助かりです。  Iさんが主となって、今年から借りられることなった隣の園地を開墾です。  将来的には、Iさんが独立できればと思っております。  昔はみかんが植えてあった園地も、今は竹やぶになっており、開墾が大変です↓    チェーンソーを使って、Iさんは慣れた手つきでどんどん開拓してくれます。  自給率アップを目指し、一緒に頑張ってまいります!  キンカンの花は、今の時期に咲くんです。  他の柑橘とは、全然違う時期に咲いております↓  同じ柑橘なのに、不思議です。  摘果をしておりますと、鳥の巣を発見!   今回の巣は、穴が深かったです。 [...]

多子化な園地

 少子化な日本ですが、観音山の園地は今の時期、多子化でございます。  こちらはレモンの赤ちゃん達↓  10月までには一人前になってくれるでしょうか。  そして、摘果をしたレモンの赤ちゃん達↓  摘果しないと大きな実が採れませんし、樹も弱ってしまいます。  こちらは「せとか」の赤ちゃん達です↓  冬の大活躍まで、成長を続けます。  雨が例年に比べて約4分の1程度しか降っておりません。  近くの紀ノ川用水の水を汲んで、水やりです。  これは今年植えたライムの苗木です。  早く大きくなっておくれやす↓  今年も柑橘農家の大天敵、ゴマダラカミキリ君が出没し始めました。  君達が生きていかなければいけないのは分かるが、私達も生きていかないといけないのじゃ。   虫のあとの画像にふさわしくないですが。。。  大阪のケーキ屋「五感」様の「観音山檸檬ロールケーキ」を知り合いの方が買ってきてくれました。 [...]

レモンの苗木を植えております。

 新年度になり、古くて実の大きくならないレモンの樹を伐採し、レモンの苗木を植えました。  今年は少なく見積もっても500本は新しい樹を植える予定です。  お手伝いさんの先輩様と一緒に作業です。  植えた苗木クンには、すぐにたくさんの水をあげます。  たくさんの水により、土への根の活着が良くなります。  早く大きくなっておくれやす。    水やりにはこの動力噴霧器を使います。  色々な農作業機械がありますが、これも大活躍してくれます。  一回一回水を汲みにいくことを思うと、本当にありがたいことです。  食料自給率は40%の日本ですが、エネルギー自給率はそれより低くて20%とのこと。  さらにそのうち原子力が15%を占めているらしいです。  石油が無くなれば、今の40%を維持することもとても困難なほど、私達の農業も石油に頼ってございます。  なるべく石油に頼らない農業となるように、日々自然界に学ばせてもらわなければと思っております。  ニンニン。

東京から来てくれた女子大生さん奮闘中!

 24日に帰ってしまう研修生さんのE子さんも最後まで頑張ってくれています。  今日はみかん園地の草刈りをしてもらいました。  草刈り機を使うのは初めてのことらしいですが、かなりうまく使って刈ってくれていました。    急傾斜での草刈りは大変疲れたことと思います。  この経験をぜひ東京でも活かして下さい!  こちらライムの花です。  色々な柑橘の中でも、花が着くのが早いです。  今年のライムはありがたいことに豊作かもしれません。  柿の芽がふっくらりんとしてきました↓    上の芽が次の日にはこんな感じに成長します。  経済界とは少し違い、ゆっくりと着実に成長する自然界です。  「武士道」の新渡戸稲造は農業本論で書いておりました。  「農は万年を寿ぐ亀のごとく、商工は千歳を祝う鶴に類す。」