みかんの収穫ができない雨天や露のある時に自家製の堆肥製造の攪拌をします。f:id:kannonyama:20061221094748j:imageパワーショベルで何度も天地返しをして空気と混ぜると好気性細菌が活発に活動して牛糞や鶏糞から完熟堆肥が出来ます。画像のように蒸気が出るうちは、有機物の分解途中で発酵熱が出ている証拠。手で触ると熱いのです。まだ植物の根に有害な有機酸などが含まれています。完熟堆肥を園地に撒くと、土壌環境がよくなり、保存性の高い元気なフルーツが出来ます。散布するまでにあと数回の攪拌が必要です。