全国でも淡路島だけに栽培され”絶滅寸前の「鳴門オレンジ」を守りたい”有志の皆様が我家に見えられ「鳴門オレンジ」の持つ物語や品質などをお聞きしました。

折角素晴らしい特性を持ちながら生産量が少ないことで消費者の皆様に知名度がなく、卸売り市場出荷では、価値が認められず、あまりの安値に廃園にする園地も多いそうです。

日本伝来のフルーツをもっと大切に! との思いは我家も同じです。

今後、この熱心なグループの皆様に、我家とお取引いただいているお店などにご紹介させていただき、それ相応の価値を認めていただきお買い上げいただけるお手伝いをさせていただきたく思います。

我家とお取引いただいている大阪の2店舗をご紹介させていただき、淡路への帰路、社長とお会いいただく段取りをさせていただきました。

f:id:kannonyama:20071102121250j:image