8-0528-1

集荷場の憩いの場、ストーブの
レギュラーメンバー、ちゅうちゃんさんに
粉河寺に連れていってもらう。

とても近くにいたのに
ここに訪れるのが結局最終日になってしまった。

平日で雨。
人はほとんどいないし、お土産やさんも閉まっている。

想像以上に広いお寺の中
雨で湿った砂利を踏むときの音が鈍く響く。
久しぶりの雨のにおい。

8-0528-2

お散歩しているとこんなきれいなクジャクが!
記念撮影にはかなり慣れているのか、カメラを向けるとしばらくこのポーズ。

雨と風で粉河寺はあきらめようと思ったけど、連れてきてもらえてよかった。
ちゅうちゃんさん、ありがとう〜
次回はひとりでスケッチブック持って、お絵描きしにこよう〜

お昼は典男さんに青洲の里に連れていってもらう。
施設内にあるレストラン華で、バイキング〜♪
地元で育てられた野菜が飾らないお料理でずらりと並ぶ。
「バイキング」と言われると制覇しなくては!とスイッチが入る。
一番のお気に入りは、揚げごぼうに甘酢を絡めた一品。黒ごまがいいアクセント。
食べるのに夢中でまたまた写真取り忘れ…

あけびを食べたことも、見たこともないと言ったら
帰りに園地に寄ってあけびを見せてくださった。
まだ小さいあけび。
秋になると大きく、紫色に。

食べた事ない食べ物でも、なんとなく「こんな味かな?」
ってイメージが湧くけれども、あけびは全くハテナ。
興味津々。
やっぱりまた秋に来なくては!

こちらは、お庭になっているゆすら梅の実。
おばあちゃんに勧められ、ぱくり。
小さい実なのに、甘酸っぱさがはっきりしてておいしい〜♪

8-0528-3

ここにいれば、まだまだ沢山の知らない花が咲くのをみて
香りをかいで
実を採ってかじって。

でも今は東京に帰り、じっくりお店のことを考える。
沢山の刺激をもらって吸収した後は
それを自分に馴らして熟成させる。
そんな時間が待っている。

また実りの時期に戻ってきます!と言って
観音山のみなさんにご挨拶。
本当にお世話になりました。
単に農業体験ではなく、ありのままを感じさせていただいた。
その自然体が、居心地がよかった。
家族経営している中で、突然現れた研修生を
のびのびと受け入れてくださったその器の大きさが
とても有難かった。

8-0528-4

一ヶ月お世話になったアパート。

コンビニで買った食パンが一枚余っていたので、アパート前の川の住人
カモたちにお裾分け。

児玉家のみなさん初め、紀ノ川で出会ったみなさん
本当にありがとうございました。
そしてまた実りのときに。